Loading…

スポンサーサイト

Posted by chura on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MARKS EDIT Lite

Posted by chura on 15.2013 文具   0 comments   0 trackback
どうもchuraです。

新年を迎えて、これまでいろいろな手帳に綴ってきた日記を新しい手帳に綴ってみようと考えました。
いろいろな候補がありますが、1日1ページがやはり便利です。
有名な所ではやはりモレスキンの「デイリーダイアリーXS」ですね。とても魅力的な商品です。

IMG_0155.jpg

しかし、今年は新しく発見した「MARKS」の「EDIT Lite」という物を使ってみようと思います。

IMG_0158.jpg

大きさは丁度「iPhone5」を少し幅広くしたくらい。

IMG_0154.jpg

IMG_0156.jpg

1日1ページですから、当然それなりの厚みがあります。それでも「デイリーダイアリーXS」に比べるとかなり薄いです。

IMG_0157.jpg


中を見ていきましょう!

まず最初は2013と2014の2年間のカレンダー。
IMG_0159_20130109223232.jpg


そして今年の年間プランナー。
IMG_0160.jpg


おもしろいな、と思ったのは、年間ビジョン、月間イベントページと続いているところ。
IMG_0161.jpg

IMG_0162_2.jpg



今年1年でどんな事をするのか、何を目標にするのかといった年間の大きな目標設定をした後、それを各月に落とし込んでいくという考え方ですね。大きな目標設定をきちんとしていく人にはありがたいページ構成といえるでしょう。

そしてお馴染みのカレンダータイプの月間プランナー。
IMG_0163_2.jpg

それらがあった後に、1日1ページのプランナーとなります。
IMG_0164.jpg

スケジューリングを行う主手帳としても十分に使用可能な作りだと思います。
ただ、私の場合は他に主手帳となるスケジューリング手帳があり、あくまでもこちらは毎日の日記という使用スタイルですので、ここからの使用になると思われます。

で、いくつか気になったところを。
まずは多彩なカラーラインナップ。全10色のラインナップです。そして、そのうち6色は手帳外観のカラーと同色のコバ塗りがされています。とってもお洒落です。今回私は「ターコイズブルー」を選択です。
IMG_0158.jpg

外カバーはモレスキンのハードカバーには劣るものの、思ったよりもしっかりとした強度がありそうです。1年間通じて使用しても大丈夫な感じです。
先述しましたように、モレスキンの「デイリーダイアリーXS」よりも薄いですので、中の用紙は当然かなり薄いです。裏の印刷がスケスケです。
IMG_0161.jpg

これは水性ボールペンでも裏抜けするかもしれません。最も良いのはシャーペンでしょうね。うーん、何で書いていくか迷うところです。最近ではすっかりシャーペンでの記入機会が減ったので、シャーペンを使ってみるのも良いですね。

今年はとりあえずこいつとお付き合いしてみようと思います。
私の日記の考え方は、「書かなくても良い」というスタイル。
当然日記ですから毎日書いた方が良いにきまってますが、特に誰かに見せなくてはならない訳でもなく、面倒臭い日もありますから、ま、駄目な時は書かずに放っておいてもよし。ただ、思い立った時には記入すていけば良い、くらいのスタンスです。

また、私は手帳が大好きで浮気性ですから、途中で違う手帳に心変わりしてしまうかもしれません。それも全然OKです。自分の思うままに、気持ち良く日記を綴っていければ良いかな、と思っています。
とりあえず、元旦から今日まで、モレスキンポケットに綴ってきた日記を移し変えます。それもまた楽しみです。
ただ、今まで日記書いてたモレスキンは何に使うかなぁ。
スポンサーサイト

帯に短し襷に長し

Posted by chura on 01.2013 文具   3 comments   0 trackback
どうもchuraです。

半ば恒例化してきました感もありますが、今年最後の文具購入をしてきました。
今回はZEBRAのPrefillと0.7シャープリフィルです。

IMG_0279.jpg

今回はuniの0.5colorの代わりにしようと思い購入しました。
こちらがその「uni0.5color」です。黒、赤、青の3色構成です。

IMG_0128.jpg

ボールペンでは3色ボールペンが各社から発売されており、それこそ今話題の低粘性インクの3色ボールペンなんかも発売されていますよね。
ですが、ことシャープペンシルとなると、多色タイプは私の知る限りはこの「uni0.5color」しかありません。
しかもこの「uni0.5color」、現在では生産中止商品で、入手できる可能性はほとんど皆無です。

で、現時点で選択できる方法は、uniのSTYLE FITや、PILOTのHI-TEC-C COLETO、そして、今回購入したZEBRAのPrefillの様に、軸とリフィルとを別々に選択購入できる様な商品でシャープペンリフィルのある商品になります。
IMG_0280.jpg

そんな中で、今回ZEBRAのPrefillを選択したのは、0.7芯のシャープユニットがあったからです。
STYLE FITもCOLETOも、シャープペンシルリフィルは0.3又は0.5しか選択できません。今回の目的は多色シャーペンを造る事です。実は、多色シャーペンを造る上で、この0.7mm芯を選択できるという事は、非常に重要なファクターなんです。

普通の鉛筆と色鉛筆の芯の部分を比べてみてください。
普段はあまり気付く事はありませんが、色鉛筆の芯の方がずっと芯の径が大きいです。

IMG_0281.jpg

これは通常の鉛筆よりも色鉛筆の芯の強度が弱いからで、それはシャープペンシルの芯にも言えるんですね。
実際に3colorを使ってても、赤や青の芯は結構良く折れます。しかも普通の芯は芯の濃さが選択できますが、色鉛筆芯には2Bなんて選択はできませんから、結構色が薄いんですよね。で、つい筆圧が上がってしまうんですが、そうすると「ポキッ」てな事になっちゃう訳です。これ、結構なストレスなんです。

ですから、カラーのシャープ芯を選択する時は、太い芯を選択したいんですよね。なので、多色シャープを造る時に0.7mmの芯が選択できるZEBRAのPrefillは即買い商品な訳です。そういう意味では今年最後の良い買物ができたと満足しています。
芯はやはり消せる芯が良いですから、「uni COLOR」を選択です。以前は個別色を良く見かけましたが、0.7になると最近は単色ではなかなか発見できません。なので、ミックスも一応購入です。

IMG_0278.jpg


さて、これで多色シャーペンが完成する訳ですが、実は1つ問題が残ります。
それはね・・・色が分からない(^o^;

COLETOだとスライドバーの部分に色がついてますけど、Prefillだと書いてみまで全く分からない。これは何か識別できる様にしないとダメですね。何か考えておきます。
  

プロフィール

chura

Author:chura
どうもchuraです。
大好きなこだわりの「物」たちについてご紹介です。
貧乏なので、現行機種をバンバン買ってレビューを書くなんて神技はできませんが、旧機種やお手頃文具たちを私なりのこだわりでご紹介できればな、と思っています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。