Loading…

スポンサーサイト

Posted by chura on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットの恐さと素晴らしさ

Posted by chura on 10.2009 日常   3 comments   0 trackback
どうもchuraです。



本日のエントリは「ネット」について。
もちろんインターネットの事ですが、その恐さと素晴らしさについて・・・。

先日エントリさせてもらった「白モノ 第2弾」に最近になってコメントが記入されていました。
なんとそれは「hmny」ブランドの関係者。しかも私のエントリを参考にさせていただきますといった内容や、手直ししますから商品を送付してください、といった内容でした。

気ままにお気に入り商品のレビューをしたつもりだったのですが、まさかメーカー関係者からのコメントをいただけるとは思ってもいませんでしたので、かなりびっくりしました。

しかも、あまり良いレビューではなかっただけに、かなり失礼なエントリであったと反省しきりです。


幸い、製造メーカーの営業が友人でしたので、メールで事の顛末をお話させていただき、重々お詫びさせていただいたのですが、本当にネットって恐いと感じました。

当然の事ですが、例え内容が誹謗中傷であったとしても、1度書き込みされてしまうと、たちまち不特定多数の方に晒される訳で、いくら個人的なブログエントリであったとしても、その内容によっては人を傷つけたり不愉快にする事もあるんだと、改めて思い知らされました。
自分のブログコメントには本当に責任の持てる内容を記入していかなくてはならないんだな、と痛感しています。


しかしながら、逆にブログを通して巡り合える素晴らしさを持っている事も事実です。


今回たまたま製造メーカーの営業が友人だった訳ですが、その友人にはこのブログの記入主が誰であるか分からなかった訳ですが、ネットというグローバルな世界を通して、すぐ近くの友人とコンタクトを取れるという事は考えてみれば凄い事だと感じます。これがネットの魅力でもある訳ですよね。


しかも私の内容をきちんと受け止めていただいて、参考にします、手直ししますといった素晴らしい内容でのコメントをご記入いただき、改めて「hmny」さんのファンになった次第です。


当然私は一使用者に過ぎない訳ですが、そんな人間の他愛もない意見を参考にしていただけるというのは、本当に使用者の立場に立った物造りをしていないと難しいと思います。
製造者としての素晴らしい姿勢ではないでしょうか。


今回コメントをいただきました「h concept」さん、「ルボア」さん、そして、何より私の他愛もないレビューを発見し、ご覧いただいた宮城壮太郎氏に感謝したいと思います。感激いたしました。ありがとうございます。

hmny.jpg
スポンサーサイト

churaさま
その宮城です。\(^o^)/
楽しくモノ作りをしてはいるのですが、独りよがりになってもいけないし、かといって大勢の意見を聞いてモノを作ってもろくなモノは出来ないし・・・。でも使っていただいてきちんと評価していただけることは・・感謝です。
2009.08.14 22:52 | URL | miyagi #YunKbONE [edit]
わざわざコメントいただきまして、ありがとうございます。先般は失礼なエントリ、本当にお許しください。

「独りよがりになってもいけないし、かといって大勢の意見を聞いてモノを作ってもろくなモノは出来ないし」

宮城先生のおっしゃる事、よく分かります。
私は他の人よりも物に対するこだわりがかなりある方だと思いますが、やはり個性的で、独創的な物を持ちたいと思っています。
が、なかなか「これ!」という物に出会えないのも事実です。実際、私が持ちたいと思う物がそれ程売れるか?といわれると、多分答えは「No」です。
デザイナー様は、独創的な物作りを考えられると思うのですが、それが大衆受けするかといわれると難しいですし、では、大衆受けする物をデザインするか、というと、それではデザイナーの個性が無くなってしまう。
デザインする上で非常に難しい部分かと思います。

個人的に「白」が好きという事もあり、hmny様のデザインには一目惚れしました。少なくても私は大ファンですし、だからこそ今後も更に良い物を出し続けてほしいと願っています。
2009.08.17 06:58 | URL | chura #- [edit]
churaさま

>先般は失礼なエントリ、本当にお許しください。
●とんでもありません。実際使っていただいてご意見いただけるのはこちら側が感謝すべきところです。
>宮城先生のおっしゃる事、よく分かります。
>デザイナー様は、独創的な物作りを・・
●「先生」とか「様」はご勘弁ください。中国では先に生まれた人は先生だし、僕がたしかに大学で授業をしているときは先生ですが・・・。ふつうの人間です。
>やはり個性的で、独創的な物を持ちたいと思っています。
●僕もそう思っていますが、何が個性的で独創的かってことが重要かと思います。
>それではデザイナーの個性が・・・
●見た目だけで言えば それは全く不要なモノです。
●自分の話で恐縮ですが 朝日新聞出版から9月7日に新しい50代女性向けの雑誌allora(AERAの姉妹誌??)が出るのですが 取材を受けて載るはずでので 立ち読みでも。
2009.08.21 21:31 | URL | miyagi #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://chura1966.blog22.fc2.com/tb.php/14-ff5f58b7

プロフィール

chura

Author:chura
どうもchuraです。
大好きなこだわりの「物」たちについてご紹介です。
貧乏なので、現行機種をバンバン買ってレビューを書くなんて神技はできませんが、旧機種やお手頃文具たちを私なりのこだわりでご紹介できればな、と思っています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。