Loading…

スポンサーサイト

Posted by chura on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもが生まれました。

Posted by chura on 08.2011 日常   6 comments   0 trackback
どうもchuraです。


本日2月8日、3人目の女の子が生まれました。
とりあえずご報告エントリしていたのですが、コメントいただきました皆様、ありがとうございます。

さて、出産も3人目ともなると慣れたものかというと、これがそうでもなく、特にうちの場合はそれこそ毎回気を遣う出産なので大変です。

今日のエントリではその辺りの事情を少々。

うちはこれで3人姉妹となった訳ですが、その妊娠、出産には必ず苦労がつきまといます。


まず、1人目。
現在5歳となるうちの長女。何も問題もなくすくすくと大きくなってくれているのですが、実は未熟児での出産でした。
忘れもしない、5年前の夏。
その当時は初めての妊娠という事で、私も嫁も何の知識もないままでした。
普通に妊娠して普通に生まれるものだと勝手に思っていました。
10月19日が予定日でしたので、何も考えずに仕事していた私の携帯が鳴ります。

見た事もない番号。
ん?と思い、とりあえず出てみると、嫁が通っていた産婦人科から。

「奥様が破水されましたので今から救急車で医大へ搬送します。」

はい?破水?何ですかそれ?みたいな感じの私。

「わかりました。では私も医大へ行きます。」

と返事し、早退して医大へ。

着くなり担当の先生に呼ばれます。

医「破水しましたので、できるだけお腹に持たせる処置はしますが、48時間以内に出産させます。」
私「は?予定日10月なんで、まだ2ヶ月以上あるんですけど?」
医「分かっています。でも破水しておりますので、そんなにお腹には置いておけないんです」
私「え?それで子どもは大丈夫なんですか?」
医「何とも言えません」
私「がーーーーん!」

とにかく、まだしっかりとした肺ができていないらしく、できるだけ羊水が出るのを抑え、1日でも長く体内に置いておきたいとの事。肺ができていないって・・・それ、致命傷じゃないんだろうか・・・

それから2日後、陣痛促進剤で無理矢理出産。体重は1,300g。
初めての出産の私でも、その小ささがわかる位、かなり小さな赤ちゃんでした。
しかも出産直後の産声が聞こえない。看護婦さん達におめでとうございますと言われても、何の実感もないままの出産です。

そんな出産の感動もないまま、子どもは集中治療室へ。
今度は小児科の先生に呼ばれます。

私「先生、大丈夫でしょうか?」
医「お子さんの生命力次第なので、何とも言えません。」
私「・・・・・」

お医者さんは結局最後まで「大丈夫」とは言ってくれませんでした。

それから2ヶ月間毎日母乳を届ける為に病院に行く訳ですが、行ってすぐに確認するのはその生存。
それはもう毎日恐ろしい2ヶ月間でした。
ま、今では何の問題もなく、元気に育ってくれている事だけでありがたいのですが。


次いで次女。

1人目がそんな状況でしたので、次女の時は嫁も私も十分注意してできるだけ安静にしていたのですが、妊娠4ヶ月を過ぎた頃に嫁からメールが。

嫁「出血した・・・」
私「えーーーーー!!」

急いで病院へ駆け込んだ所、今の所まだ大丈夫だが、今以上の安静が必要との事。
それからは毎日長女はうちの実家で過ごし、嫁は家で入院状態。

私が早起きして弁当を作り、嫁の枕元においてお仕事へ。とにかく嫁を動かしてはいけない、と思い、できる家事の全てを私がやっておりました。
私も毎日の仕事と家事全般でヘトヘトの上、よちよち歩き出した長女の姿を嫁が見る事はほとんどなく、嫁も今しか見る事のできない長女のそんな姿が見れず、毎日泣いていた記憶があります。

で、7ヶ月が過ぎた頃の検診。

医「子どもが危ないですね。入院してください。」
私「まだ予定日まで3ヶ月もあるんですが」
医「ですから、1日でも長くお腹にいられる様に入院して点滴で抑えます」
私「大丈夫なんでしょうか?」
医「何ともいえません」

24時間ずっと点滴をつけたまま、トイレ以外動く事を制限された嫁は相当辛かった事でしょう。
私も仕事、家事、1歳になったばかりの長女の世話と、それはもう目まぐるしい毎日でした。

で、37週に入って、体重も2,500gくらいになったという事で、点滴をはずしたその日の夜中の陣痛で出産です。入院してなかったら、と思うとゾッとします。


そんな出産を経験していましたので、結婚当初から子どもは3人、と話し合っていた私たちもちょっと怖じ気づいてしまって、3人目はちょっと落ち着くまで待とう、という事になっていました。
で、次女も幼稚園に入園し、嫁が自由になる時間ができるまで待っての3人目の妊娠でした。


今日生まれた子は、とにかくなんとか普通の状態で生みたい、という願いがあり、夫婦で安静に安静にと毎日を大切に生活してきました。
いつまた破水、入院となるか分からない状況で過ごす10か月間はそれはもぅ長かったですよ。
ですので、昨年1年間はかなり長く感じました。

それでも8ヶ月目の検診で、お医者さんから「これは入院かな」と言われた時にはドキッとしましたよ。
ま、なんとか自宅安静となったのですが、私の負担は子どもが2人いるだけで大変でした。
食事しては汚し、遊んでは散らかし・・・
母親って大変なんだ~と実感しました。

で、何とか薬で37週まで持たせて薬を飲むのを止めたその日の夜。

嫁「何かおかしい・・・」
私「大丈夫か?」
嫁「分からん。いつ病院に走ってもらわないかんか分からんから、とりあえず今のうちに寝てて」
私「分かった。何かあったらすぐ起こしてや」
嫁「うん」

~深夜2時~

嫁「起きて!」
私「どした?」
嫁「やっぱり痛い。今病院電話して聞いたら、すぐ来て下さい言うてるから送って!」
私「よっしゃ!」

大慌てで車を走らせて病院へ。

朝7時に痛みがきて分娩台に乗ったのですが、生まれず。
結局その日は陣痛らしきものも収まってしまって、またいつ来るか分からないのと、自宅から病院が遠い事もあり、大事をとって入院に。

上2人が早かったですので、3人目もきっとすぐ生まれるだろうとの2人の予想を裏切り、毎日陣痛の様なものはあるものの、出産までには至らず。
今までとは逆に、まだかまだかと待つ毎日も結構精神的に堪えます。

で、入院から丁度2週間目の本日。

朝9時頃に嫁からメール。

嫁「朝の4時頃に破水したんやけど、落ち着いてます。来るならゆっくり目に」
私「え?破水?なら、もう生まれるんではないん?」
嫁「まだ何も兆候が無い。入院した日も生まれんかったから、今回も時間かかるかも・・・」
私「なら、今の書類だけ処理したら行きます」

と、普通にメールのやりとりをして、仕事が一段落した9時45分頃、携帯に今から行きますと連絡を入れた所、電話に出たのは看護婦さん。

看「ご主人さん、生まれますよ!」

えーーーー!?

さっきまで普通やったんですけどーーーー。

高速かっ飛んでも20分はかかる道のり。
着いてナースステーションに聞くと

「ついさっき生まれました」

あ、やっぱり・・・

産気づくとやっぱりすぐに出てこようとするのはうちの子の特徴みたいです。

と、まぁ、こんなてんやわんやな我が家の出産。
なんとか3人とも元気に生まれてきて良かったです。

最後に・・・親バカです。
IMG_0464.jpg

スポンサーサイト

churaさん、おめでとうございます!(*´∇`*)

コメント付けようと思ったら新しい記事があったのでこちらに。

家族が増えたんですね。
本当におめでとうございます!
とても幸せなのが伝わってきます(*´ー`*)ふに~。

うーん、上手く言え無いのですが、churaさん夫婦ってステキです。
当たり前の事のようで当たり前ではない事ってたくさんありますよね。
ちょといろいろ考えさせられるお話でした。(あ、こっちの話です。)


三姉妹ですか~♪
女の子は良いですよね。パパは心配になっちゃう日がくるんだな。でも大きくなってもパパとママの側にいてくれるのは女の子ですよw



2011.02.09 00:55 | URL | yucovin #mQop/nM. [edit]
> churaさん、おめでとうございます!(*´∇`*)

> 家族が増えたんですね。
> 本当におめでとうございます!
> とても幸せなのが伝わってきます(*´ー`*)ふに~。

いやぁ、ありがとうございます。
本当に幸せですよ。これまでの疲れも、子どもの顔見たら吹っ飛んじゃいますもんね。

>
> うーん、上手く言え無いのですが、churaさん夫婦ってステキです。
> 当たり前の事のようで当たり前ではない事ってたくさんありますよね。
> ちょといろいろ考えさせられるお話でした。(あ、こっちの話です。)

あ、そっちのお話ですか(^o^)
でもね、実はそういう関係を維持する事には結構大変だったりもするんです。
夫婦間が親密になればなるほどお互いにワガママになってきますからね。
どこまで許せるのか、みたいな許容範囲が同じレベルじゃないと難しいです。

> 三姉妹ですか~♪
> 女の子は良いですよね。パパは心配になっちゃう日がくるんだな。でも大きくなってもパパとママの側にいてくれるのは女の子ですよw

あー、うちは早く出て行って欲しいと常々考えておりますので、早く親離れしてほしいです。
子育てとは、親から子を離れられる様にしてやる事だ!と考えております。
いっぱいの愛情を持って、私から離れる様にしてやる事が私の使命です!

ま、それでもいざとなったら心配になるんでしょうけどね~。
2011.02.09 11:10 | URL | chura #- [edit]
churaさん、こんにちは。

奥様の出産、大変だったんですね。
うちの長男も今は14歳で元気に中学へ通っておりますが、生まれたときは未熟児でした。
早産で8ヶ月で生まれその後2週間は集中治療室で育ちました。

長女・次女は順調に生まれたので良かったのですが、長男の時は「頼むから五体満足で」と願うばかりでしたよ。
また次女が生まれる前に死産も経験しました。
だからとっても大変なことだったんだろうとよくお気持ちがわかります。
男親は何もしてやれないですからね。

これからはもっと賑やかになりますね。
今まで大変だったぶん、もっとお幸せにお過ごしください。
2011.02.09 13:04 | URL | 一人よがり #- [edit]
> churaさん、こんにちは。
>
> 奥様の出産、大変だったんですね。
> うちの長男も今は14歳で元気に中学へ通っておりますが、生まれたときは未熟児でした。
> 早産で8ヶ月で生まれその後2週間は集中治療室で育ちました。

やっぱり一人よがりさんとは環境が似通っている気がしてなりません。
あの不安感は経験した親でないとなかなか分からないですよね。

> 長女・次女は順調に生まれたので良かったのですが、長男の時は「頼むから五体満足で」と願うばかりでしたよ。
> また次女が生まれる前に死産も経験しました。
> だからとっても大変なことだったんだろうとよくお気持ちがわかります。

うちは幸いな事に死産は経験がありません。
ですが、私の現在の状況がそうであったならば、と思うと、心が痛みます。

> 男親は何もしてやれないですからね。

そうですね。せいぜい「主夫」程度しかできないですもんね。

> これからはもっと賑やかになりますね。
> 今まで大変だったぶん、もっとお幸せにお過ごしください。

はい。ありがとうございます。
今まで以上に健康には十分に注意して、もっともっと仕事頑張らないと、と感じています。
2011.02.09 20:22 | URL | chura #- [edit]
遅れましたがおめでとうございます!
3姉妹とはうらやましい限りです。
不安な事やしんどい事があったと思いますが、それ以上の喜びをブログから感じました。
上手くいえませんがおめでとうございます!
2011.02.14 22:30 | URL | つかにゃん #- [edit]
つかにゃんさん、こんばんわ。
コメントありがとうございます。

> 遅れましたがおめでとうございます!
> 3姉妹とはうらやましい限りです。

ありがとうございます。
ですが、人に性別を聞かれて「女の子です!」というと、決まって「あぁ。でも女の子の方がえぇよ!」と慰められます。私は女の子で全然良かったのですが・・・

> 不安な事やしんどい事があったと思いますが、それ以上の喜びをブログから感じました。
> 上手くいえませんがおめでとうございます!

はい。いろいろありましたが、今となりましては懐かしい思い出です。
これからも元気いっぱいに育ってほしいと思っています。

今回はコメントありがとうございました。
2011.02.14 23:19 | URL | chura1966 #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://chura1966.blog22.fc2.com/tb.php/71-404eadaf

プロフィール

chura

Author:chura
どうもchuraです。
大好きなこだわりの「物」たちについてご紹介です。
貧乏なので、現行機種をバンバン買ってレビューを書くなんて神技はできませんが、旧機種やお手頃文具たちを私なりのこだわりでご紹介できればな、と思っています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。