Loading…

スポンサーサイト

Posted by chura on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母が永眠しました。

Posted by chura on 01.2012 日常   1 comments   1 trackback
2012年1月28日 午前7時30分 母永眠 享年77歳


それは突然の出来事、という訳でもありませんでした。
うちの母は、数年前から「非結核性抗酸菌症」という病気の療養をしていました。
もともと病弱で、若い頃に結核を患っていた事もあり、肺は正常な人のそれに比べ、かなり弱くなっていました。

10年程前は、2年に1回くらいであった入院療養が、2年くらい前からは年に1回、昨年は3回程入退院を繰り返していました。
昨年11月末の入院時には、医師から「覚悟しておいてください」という言葉も聞かされていましたので、家族はある程度の覚悟をしながら看病しておりました。
本人も、入院に向かう車の中で、もうすぐ1歳になる三女の顔を見るのが「見納めになる気がする」と言っていたそうで、ある程度自分の寿命に気づいていたのかもしれません。逆にいうと、それくらい肺の機能が低下しており、相当苦しい思いをしていたとも言えます。

入院後は一進一退といった感じではありましたが、日に日に弱っていくのが感じられました。
新年を迎える頃には食物を食べる事も十分にできず、どんどん痩せ細っていくのも分かりました。
また、呼吸が苦しい事もあり、ベッドの上で身体を動かす事もできず、ほとんど喋らなくなっていました。
本人も「死」というものを感じながら過ごす毎日だった様で、父が病院を後にする時には必ず「もう帰るん?」と、寂しそうに聞き返す毎日だったようです。

息を引き取る2~3日前には、父に対して、「今までで1番苦しい」と漏らしていたそうで、後になって考えてみますと、それがお知らせだったのかもしれません。
ただ、同じ時期に検査した結果では、症状がそれ程進行している訳でもなく、これまでと大差無い状況でしたので、家族の中ではそれ程急に症状が悪化するという事は考えておりませんでした。
ですので、いくら覚悟していた、とはいえ、やはり急な死であったとも言えるかもしれません。

そんな中、28日の午前6時40分。
父の携帯に連絡が入りました。
「奥様の容態が変わりましたので、至急病院に来て下さい」
父は、
「まだ命はありますか?」
と尋ねたという事ですが、その返答は
「とにかく急いで来て下さい」
という事だったそうです。その時に
「あぁ、息絶えているな」
と思ったそうです。

看護師だった姉の話では、肺の病気の場合、最後まで意識がある事もある、と聞かされていましたので、意識のある状態から呼吸ができなくなり、窒息して苦しんで息絶えていく所だけは見たくない、と思っていましたので、願わくば安らかに息絶えていて欲しい、と願いながら病院へ向かいました。

結果、病院に到着した時には既に息絶えており、聞けば、やはり父の携帯に連絡が入った時には既に亡くなっていたそうです。ですが、それから担当の医師に連絡し、死亡を確認できたのが7時30分という事で、死亡時刻は7時30分という事になりました。
病院の話では、4時の巡回の時には何事も無く眠っていたそうですが、6時半の巡回時には既に瞳孔が開きかけていたような状況であったらしく、死因が特定できない様です。
個室であった事、センサーをつけていなかった事等で、巡回から巡回までの2時間半の間に何が起こったのか分からず、息絶える時の状況は誰ひとり分からない様な状況で、たった1人で逝ってしまいました。
本来の原因である肺の状態が、数日前の検査の際には死に至るような状況では無かっただけに、何が死因であるのかがはっきりしません。
それは苦しい最後であったのか、それとも眠ったままで安らかな最後であったのか、今となってはそれすら分かりません。願わくば、後者であって欲しいと願うばかりです。

ただ1つ言える事は、これで今までの長い長い苦しみから開放された、という事です。
母親が亡くなる、という事は、残された私達からしますと相当辛い出来事ではあります。
しかしながら、「1日でも長く生きて欲しい」という私たちの思いは、裏をかえせば「1日でも長く苦しんで欲しい」という事でもあります。苦しんでも回復の見込みがあるのであれば頑張って欲しいと思いますが、余命を告げられる状況で、日々苦しみ、痩せ細り、弱っていく母を見るのは、母を亡くすのと同じ様に辛い事です。

ですので、今は母に

「よく頑張ったね。お疲れ様。ゆっくり休んでね。」

と声をかけてあげたいと思います。
スポンサーサイト

私の母も同じ病気です。。。お母様のご冥福を心からお祈りいたします。。。私の母もかなり状態が悪く、効く薬がない状態です。東京の有名な病院を訪ねようと思っております。よろしければお母様の入院なされていた病院の名前をメールでも構いませんので教えていただけませんでしょうか・・・私どもの行く予定の東京の病院は、評判の高い「国立病院機構東京病院」です。
2014.06.14 21:11 | URL | t.s #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://chura1966.blog22.fc2.com/tb.php/90-796e9978
2012年1月28日 午前7時30分 母永眠 享年77歳それは突然の出来事、という訳でもありませんでした。うちの母は、数年前から「非結核性抗酸菌症」という病気の療養をしていました。もともと病弱で、若い頃に結核を患っていた事もあり、肺は正常な人のそれに比べ、かなり...
2012.05.13 17:20 まとめwoネタ速neo

プロフィール

chura

Author:chura
どうもchuraです。
大好きなこだわりの「物」たちについてご紹介です。
貧乏なので、現行機種をバンバン買ってレビューを書くなんて神技はできませんが、旧機種やお手頃文具たちを私なりのこだわりでご紹介できればな、と思っています。

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。